電動アシスト自転車のある暮らし
子乗せ・買い物用、通勤・通学用から注目のスポーツ用まで、
幅広く販売されている電動アシスト自転車。
タイプ別に選び方のポイントをご紹介!

電動アシスト自転車とE-bikeは、日本生まれの最高の乗り物

1993年に日本で誕生した電動アシスト自転車。海外では日常タイプとスポーツタイプをあわせてE-bikeとすることもあり、今や日本だけでなく多くの国で注目を集めています。特にEU(欧州連合)では、ロードバイクやMTBなどのスポーツタイプのE-bikeが次々にリリースされ、新たなスポーツ・レジャージャンルとして脚光を浴びています。

日本の電動アシスト自転車はこぎ出しから電気モーターのアシストがはじまり、時速10kmを超えるとアシスト力が徐々に低下、時速24kmでアシストが切れるシステムになっています。
それに対してEUでは、E-bikeのうちモーターが250ワット(連続定格出力)を超えず、時速25kmでアシストの切れるタイプが自転車のカテゴリーとされます。E-bikeとしてこの基準を超える製品も販売されていますが”自転車”ではないため、免許、ナンバープレート、保険などが必要になることもあります。

現在、日本においても日常タイプに加えて、スポーツタイプも多く販売されています。また、見た目が同じ様な自転車でもバッテリー容量によって充電時間、走行距離などが異なる様々なタイプがラインナップされ、子乗せ・買い物用から通勤・通学、街中散策、スポーツ、本格自転車旅まで、その楽しさが拡大しています。

コンパクトな電動アシストユニットが搭載されたスポーツタイプのE-bike

目的にあった一台を見つけよう!電動アシスト自転車 選び方ガイド

Point.1

子乗せ・買い物用 子どもの成長とバスケットに注目して選びましょう

子どもの送迎や食料品でいっぱいのマイバッグを積んでいるときも、こぎ出した瞬間からアシストが加わるためフラつかずに走れる電動アシスト自転車。
子乗せ用は子どもの人数、体格(年齢、身長、体重)にあわせて、乗せる場所を考えることが重要です。また、子どもを乗せた状態でも荷物を安全に運べるバスケット(カゴ)が装着されているかも確認しましょう。

子どもを見守りながら走れる“前子乗せタイプ”

子どもを前側のチャイルドシートに乗せるタイプは、子どもを見守りやすいことが特徴です。
標準的なタイプで1歳から4歳未満(注)までの子どもを乗せることができます。前側のチャイルドシートは、自転車に最初から装着されているタイプと後から装着できるタイプがあり、乗り降りのしやすさなどが変わります。子どもを前側に乗せる場合には、後側にバスケットを装着して荷物を入れることができます。

写真提供:ブリヂストンサイクル

写真提供:ブリヂストンサイクル

子乗せと買い物を両立しやすい“後子乗せタイプ”

後側のチャイルドシートの場合、標準的なタイプで2歳から6歳未満(注)まで、長く子どもを乗せられる点がメリットです。
前側のバスケットを使用して荷物を積むことができるので、子乗せと買い物用を両立しやすい点もうれしいところ。

チャイルドシートが付いていない自転車では、後側のキャリア(荷台)に装着可能か確認しましょう。カタログやキャリアなどに“キャリアクラス27対応”と記載されていればチャイルドシートを取り付け可能です。また、後の車輪の上部にドレスガード(チャイルドガード)が備えられていないと、子どもの足が巻き込まれることもあるので注意が必要です。サイクルショップで相談してチャイルドシートを取り付けましょう。

注)製品により年齢幅に違いがあります。子どもの身長・体重制限もあります。

写真提供:ブリヂストンサイクル

写真提供:ブリヂストンサイクル

子ども2人乗せる場合は基準適合車を選びましょう!

子どもを2人乗せる場合、前と後ろの両方に乗せても安定して走行できるように設計されています。このタイプは幼児2人同乗用自転車と呼ばれ、基準に適合したモノを選べば間違いありません。前バスケットをそのままにして、前側のチャイルドシートをオプションとして取り付けられる自転車もあります。

写真提供:ブリヂストンサイクル

スタンド形状とハンドルロックで駐輪時の安定感が向上!

電動アシスト自転車は一般的なシティ自転車よりも重量があり、子どもの体重、荷物が加わるので、駐輪する際に自転車を安定させる機能が必要です。大きく安定感のあるスタンドや駐輪時のハンドルロック機能が搭載されているか確認しましょう。また、チャイルドシートや大型バスケットを装着する際は、スタンドが片側(1本スタンド)だけでは自転車が安定しませんので、サイクルショップでスタンドも同時に交換してください。

写真提供:ブリヂストンサイクル

写真提供:ブリヂストンサイクル

Point.2

通勤・通学用 走行ルート・駐輪環境も自転車選びに影響大

通勤・通学用は毎日乗ることが前提なので、安全な走行ルートや使用する駐輪施設を想定して自転車を選ぶことが重要です。通勤・通学ルートの往復距離とメーカーが公表している電動アシスト走行距離の目安の比較、そして、会社や学校の駐輪施設の環境、これらの2つは事前に確認しておきましょう。

自分にあったタイプ選び

通勤距離が往復10kmで1回の充電でのアシスト走行距離が約70kmの場合、7日間程度でバッテリーを使い切ってしまう計算になるため、1週間に1回は充電が必要になります。
遠距離を走行するならば長持ちするバッテリーが便利です。また、長く雨風にさらされた状態で駐輪しておくと金属部分が錆びてしまいます。できれば屋内、最低でも雨が直接当たらないように保管できる環境が望ましいです。折り畳んで比較的コンパクトに収納できる小径タイプは屋内での保管がしやすいのが特徴です。

写真提供:パナソニック サイクルテック

写真提供:パナソニック サイクルテック

電動アシスト自転車専用タイヤでトラブル軽減!

一般的に電動アシスト自転車はシティ自転車に比べて10kg以上重いので、空気圧が高く太いタイヤを採用しています。
通勤・通学途中でパンクして遅刻をするリスクを減らすためにも、交換する際には、電動アシスト自転車用に開発された専用タイヤを選ぶことでトラブルを軽減することができます。

写真提供:パナソニック サイクルテック

通勤・通学時のバスケットも大切

通勤・通学用を選ぶ際は、カバンやバッグが収納できるバスケットが付いているか確認してください。バックパックなどを使用する方は、バスケットが付いていないスポーツタイプで通勤・通学することもできます。

写真提供:パナソニック サイクルテック

Point.3

休日のレジャー スポーツタイプのE-bikeが登場

電動アシスト自転車といえばシティ自転車の形状を思い浮かべると思いますが、ロードバイク、MTB、クロスバイクなど様々なタイプが日本でも発売されています。スポーツやレジャーで使えるE-bikeが増えてきたことで、幅広い年齢、体力レベルの異なる多くの人が一緒にサイクルライフを楽しむことができます。E-bikeを使った街巡りなどの小さな旅にも思わぬ発見があります。

使用目的に合ったE-bikeを選ぼう!

一般的なスポーツバイクと同様にE-bikeを選ぶ際も自分の使用目的をイメージして、その目的にあったタイプを選ぶことが大切です。軽快なスピードで長距離を走る場合はロードバイクタイプ。オフロードも走ってみたい人にはMTBタイプ。平日は通勤、休日にはサイクリングを楽しむならクロスバイクやスポーツタイプの小径車(ミニベロ)などもあります。

写真提供:ヤマハ発動機

写真提供:ヤマハ発動機

自転車旅には専用バッグを装備しよう!

E-bikeはバスケットなどの装備が付いていないことがほとんどなので、自転車旅を計画している場合は、自転車本体と一緒にバッグを装備すると便利です。専用の部品や工具がなくても装着できるバイクパッキングと呼ばれる自転車専用バッグ(右写真)を取り付ければ、荷物の重さを気にせずE-bikeならではの本格的な自転車旅を楽しむこともできます。

スポーツタイプはアシスト方式も違う!

子どもの送迎や買い物用のタイプでは、モーターから発生した力がチェーンを通してクランク(ペダルと車体をつなぐ部分)へ伝わることでアシストするチェーン合力方式が標準となっています。それに対してE-bikeは、バッテリーを含めたフレームデザインの自由度が高くなるため、直接クランクに力を伝えてアシストするクランク合力方式が採用されています。

写真提供:ヤマハ発動機

「バッテリーの減りが早い?」と感じたら、サイクルショップに相談!

電動アシスト自転車に乗っていると、リチウムイオン電池のバッテリー残量は減っていき、定期的に充電が必要になります。劣化によりバッテリーの最大容量は低下し、とくに高温、長い坂道、未使用状態での長期保管、充電回数が過多、充電が空の状態での保管などでは劣化が早くなります。バッテリーに2〜3年の保証をしているメーカーもあるので、「バッテリーの減りが早い」と感じた場合は購入したサイクルショップに相談してください。また、新しいバッテリーに交換する際、古いバッテリーはリサイクルされるのでショップで処分をお願いしましょう。

写真提供:ヤマハ発動機